物件のご相談やお問い合わせはこちら

大阪の貸事務所・オフィス賃貸なら前田不動産TOP > 耳寄り情報 > あなたの事務所も狙われてます

あなたの事務所も狙われてます

2016年に発生した侵入窃盗事件のうち、約12.9%が「一般事務所」への侵入です。

「宝石店や一般住宅と違って金目の物は置いていないため、泥棒に狙われるはずがない」と思っている方は多いと思います。しかし、事務所をターゲットにする泥棒の目的は、「金庫とパソコン」です。

金庫には、現金や契約書・権利書。パソコンには、保存されている取引先のデータや顧客の個人情報があります。

個人情報の漏洩は、犯罪に利用されるだけではなく、企業の社会的信用の失墜にも繋がります。又、被害者から訴えられたときに、多額の賠償金へと発展する可能性もあります。

このように、意外にも狙われやすいオフィス。侵入されてからの代償は大きく、未然防止の対策を今回はご紹介します。

 

 

■泥棒が事務所を狙う理由■

 

泥棒が事務所を狙う理由として、「侵入しやすい」ということが挙げられます。

テナントビルには、そのビルの管理人がいて部外者を監視していてくれているから安心と思われます。しかし、テナントビルに、泥棒がスーツを着て堂々と入ればどうでしょうか。怪しまれずに入れます。

1度ビルに入れば、複数の事務所を一気に狙うこともできます。夜間は無人になり、日曜・祝日は日中での人通りが少なく、音を立てても見つかりにくい等、泥棒にとってメリットがいっぱいです。

 

■事務所への侵入手口■

 

「窓からのガラス破り」がもっとも多く、次に「表出入口のガラス破り」が続きます。店舗においては、ガラスに対する対策が不可欠です。

次に多いのが鍵のかかっていない場所からの侵入です。「錠破り」や「合鍵」もあり、ガラスや窓を強化しても別の方法で侵入されることがありますので、侵入検知センサー等の防犯システムの設置が必要です。

 

■防犯対策■

 

【防犯機器の設置】

犯罪の発生そのものを予防することが防犯の基本です。「泥棒に狙われない」ためにも、セキュリティーの高さをアピールしましょう。泥棒にとって、「侵入しにくい」場所であることを示しましょう。

防犯カメラ  セキュリティキーパー  屋外・屋内用人感スイッチ

音声報知器  ボックス付き警報ベル

 

【情報漏洩を防ぐ】

データー処理室をはじめ、機密性が高い情報を取扱っている部屋は、自由に出入できる人間を予め制限する等の対策が必要です。より厳重にするのであれば、カードや指紋認証・暗号番号での解錠ができる電気錠を設置し、「誰が・いつ」出入りしたかを自動記録しましょう。

ACsmartカードリーダー  ランダムテンキースイッチ

指紋照合スイッチ        パッシブセンサー

フェリカカード         マジカルテンキーユニット

 

【パソコンの持ち出し】

パソコンを外部者ないし従業員が無断で持ち出しを防ぐ、貼り付けタイプのリミットセンサーも便利です。パソコンに取付けるだけで、パソコンを持出そうとする時、センサーを切断したり剥がしたりすると、大音量のサイレンが鳴ることで威嚇・撃退を行います。同時に管理者をはじめ最大5箇所の連絡先に通報します。

 

【鍵の管理】

「スタッフが鍵を勝手に持出した」「いつの間にか合鍵を作られていた」という事態を防ぐために、全ての鍵をキーボックスで厳重に管理しましょう。「いつ、誰が鍵を持出したか・戻したか」を記録することができます。同時に暗証番号の管理も徹底し、従業員の退職時は必ず変更しましょう。

 

【従業員を守る】

万一、事務所に強盗が入っている所に出くわしたときに備え、従業員には身の安全を守りつつペンダント型・腕時計型の携帯緊急通報機器を身に付けさせましょう。

もしものために、異常事態を知らせる訓練をさせましょう。

 

 

24時間対応の機械警備・有人管理が整った貸事務所をお探しの方や移転を検討中の方はこちらへ

 

次回は、「オフィスに必要不可欠な窓ガラス」についてご紹介します。

 

貸事務所・貸店舗のご依頼は前田不動産株式会社までお問合せ下さいませ。

【自社物件につき契約に伴う手数料は頂きません。】

前田不動産株式会社

〒530-0047 大阪市北区西天満4丁目3番18号

TEL:06-6362-6671

URL:http://www.maeda-re.co.jp/