物件のご相談やお問い合わせはこちら

大阪の貸事務所・オフィス賃貸なら前田不動産TOP > 最新賃貸オフィスブログ > 新築・リニューアル情報 > 【西区肥後橋エリア】京町橋八千代ビル 基準階廊下のタイルカーペットを張替えました。

【西区肥後橋エリア】京町橋八千代ビル 基準階廊下のタイルカーペットを張替えました。

弊社では、お客様により安全で快適にご利用頂けるよう、ビルの設備・内外装等のリニューアル工事を積極的に取り組む事で、ビルの質向上を図っております。

 

今般、西区肥後橋エリアにある「京町橋八千代ビル」の基準階廊下タイルカーペットをリニューアルしました。

 

タイルカーペットはオフィス用の床材として国内で普及しましたが、近年ではホテルやレストラン等の商業施設全般でも使用が急速に増え、最近では居住空間にも適した床材として注目させています。

なぜ、様々な用途に適しているかと言いますと、タイルカーペットは「タイルとカーペットの良さを活かした複合床材」であるからです。

防音性・省エネ性・保温性・歩行の安全性・デザイン性等、様々な性能を秘めているタイルカーペット。

弊社では、定期的に基準階廊下のタイルカーペット張替えを行っております。

又、張替え時期の流行色を参考に、「清潔感」・「素材」・「品質」・「環境」にこだわり、タイルカーペットを選んでおります。

 

今回採用したのは「黒色基調のランダムストライプ柄」です。以前のタイルカーペットの色味はグレーでありましたが、張替えを行った事でビル内の共用部の印象を刷新。スタイリッシュなビルに生まれ変わりました。又、清潔感とともにオフィスビルとしての重厚感を演出しております。

 

タイルカーペット採用に関しても、色・柄のみでなく、次のようなことも考慮し、採用しました。

 

「品質にこだわり」
①業界大手の「スミノエ」の製品を採用
「スミノエ」のタイルカーペットは、議員本会議堂や衆議院本館第一委員室でも使用されており、広く認知さ
れた安心のメーカーです。
②耐久性に優れたナイロン100%の素材を採用
長く清潔な廊下をご利用いただけます。

 

「環境にも配慮」
今回採用のECOSシリーズという製品は、市場から使用済みカーペットタイルを回収し、バッキング材として
再生する「ECOS Recycle System」を採用しており、生産時にCO2の排出を削減するなど、環境にも配慮 しております

 

 

西区京町堀は江戸時代、蔵屋敷が立ち並ぶエリアであり、全国から色々な食材が集まったと言われています。現在もその名残から「オシャレなバーや味自慢のダイニング」が集まっています。お昼には、ビジネスマンの憩いの場「靭公園」周辺で美味しいランチでもいかがでしょうか!

 

現在4.62坪からご紹介しております。

 

【物件概要】 http://www.maeda-re.co.jp/area/higobashi/kyobashi_yachiyo/
名称:京町橋八千代ビル
住所:大阪市西区京町堀1丁目4番9号
最寄駅:地下鉄肥後橋駅 6号出口 徒歩4分

 

 

肥後橋エリアには弊社所有のオフィスビルが他にもあります!

地下鉄(四ツ橋線)肥後駅周辺で貸事務所をお探しの方は、他のビルの空室情報を見逃さないようご注意ください!→肥後橋エリアの貸事務所情報はコチラへ

お問合せはこちらから→06-6362-6671(担当:竹尾)

 

 

【自社物件につき契約に伴う手数料は頂きません。】

前田不動産株式会社

〒530-0047 大阪市北区西天満4丁目3番18号

TEL:06-6362-6671

URL:http://www.maeda-re.co.jp/